ポータルサイト

上司・先輩への報連相~連絡~

毎日のように顔を合わせる同じ職場の人に対しては、ついつい言葉遣いもいいかげんになりがちです。自分の立場をわきまえないなれなれしい物言いや、乱暴な言葉遣いは周囲を 不快にするもの。上司・先輩に対しては相応の敬語を、また後輩・年下の人にも公の場であることを忘れずに、時と場合に応じた適切な敬語を使いましょう。
  1. ホーム
  2. 社内
  3. 会合の連絡をし、返事がほしいとき
会合の連絡をし、返事がほしいとき
「参加できるかたはご連絡ください」

「ご出欠のほどをご連絡ください」
例文 「例会を下記の要領で開催します。ご出欠のほどを○月○日までにご連絡ください」
解説 幹事は正確な人数を把握する必要があります。「来られる人は連絡を」という表現では、返信の重要度が相手に伝わりません。期限を決め、出欠にかかわらず連絡をもらいましょう。

管理者おすすめサイト