ポータルサイト

上司・先輩の依頼や誘いを断る

毎日のように顔を合わせる同じ職場の人に対しては、ついつい言葉遣いもいいかげんになりがちです。自分の立場をわきまえないなれなれしい物言いや、乱暴な言葉遣いは周囲を 不快にするもの。上司・先輩に対しては相応の敬語を、また後輩・年下の人にも公の場であることを忘れずに、時と場合に応じた適切な敬語を使いましょう。
  1. ホーム
  2. 社内
  3. 誘われたものの行けないとき
誘われたものの行けないとき
「今回は失礼します」

「次回はぜひと思いますので」
例文 「今回は仕事が入っており失礼します。次回はぜひと思いますので、また誘ってください」
解説 断ることで、親交までが断裂しないよう、次につなげる言葉で結びます。積極的に参加したい用件でない場合も「また機会がありましたら」と友好的な言葉を添えるのが礼儀です」

管理者おすすめサイト