ポータルサイト

苦情を述べる

  1. ホーム
  2. 社外
  3. 相手への要望を伝えるとき(2)
相手への要望を伝えるとき(2)
「○○はやめてください」

「○○はお控えいただければと存じます」
例文 「午前9時までは通勤時間帯ですので、大型車両の駐車はお控えいただければと存じます」
解説 困り事の解決という目的のためには、「やめろ」ときつく言うよりも、譲歩できる点は譲歩し、ていねいな言い方をして、相手に納得してもらうのが近道の場合もあります。

管理者おすすめサイト