ポータルサイト

上司・先輩に謝る

  1. ホーム
  2. 社内
  3. 勘違い、思い違いをしていたとき
毎日のように顔を合わせる同じ職場の人に対しては、ついつい言葉遣いもいいかげんになりがちです。自分の立場をわきまえないなれなれしい物言いや、乱暴な言葉遣いは周囲を 不快にするもの。上司・先輩に対しては相応の敬語を、また後輩・年下の人にも公の場であることを忘れずに、時と場合に応じた適切な敬語を使いましょう。
勘違い、思い違いをしていたとき
「勘違いでした」

「心得違いをしておりました」
例文 「申しわけありません。先方から連絡をいただくものと、心得違いをしておりました」
解説 「勘違い」と「心得違い」はともに「思い違い」という意味ですが、「直感」を連想させる「勘」より「心構え」を意味する「心得」のほうが、まじめで誠実な印象を与えます。

管理者おすすめサイト