ポータルサイト

上司・先輩に答える

  1. ホーム
  2. 社内
  3. 上司・先輩に呼ばれたとき②
毎日のように顔を合わせる同じ職場の人に対しては、ついつい言葉遣いもいいかげんになりがちです。自分の立場をわきまえないなれなれしい物言いや、乱暴な言葉遣いは周囲を 不快にするもの。上司・先輩に対しては相応の敬語を、また後輩・年下の人にも公の場であることを忘れずに、時と場合に応じた適切な敬語を使いましょう。
上司・先輩に呼ばれたとき②
「今、呼ばれましたか」 「なんかご用ですか」

「はい、ただいままいります」
例文 「山田君、ちょっと来て」⇒「はい、ただいままいります」
解説 まずは「はい」と大きな声で返事をすること。仕事の手をとめず、相手の顔も見ないような「ながら返事」は失礼です。どうしても手が離せない場合であっても、まず返事をして、その理由をきちんと伝えるべきでしょう。

管理者おすすめサイト